エドワード・チャンセラーの名言 格言から学ぶBO取引の心得

格言から学ぶBO取引の心得
格言から学ぶBO取引の心得 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 取引の極意 > エドワード・チャンセラーの名言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<格言から学ぶBO取引の心得の人気エントリー>

-------- トラックバック:(-) コメント:(-)

このエントリーをはてなブックマークに追加

エドワード・チャンセラーの名言

 
読む前にクリックしてくださると嬉しいです。

【エドワード・チャンセラー】
アメリカの投資歴史家でフリーのジャーナリストだ、
投資バブル史について纏めた著書
”バブルの歴史 チューリップ恐慌からインターネット投機へ”は
いまでも投資家の必読書としての地位を保っている。

そんな彼が残した名言には
相場観を磨く為の言葉が多数含まれている。

経済学が定義する、投機と賭博の違いについて
金融の世界では不確実性に「リスク」という用語が充てられている。
経済学では、賭博と投機は違うとする根拠として、
賭博が「娯楽のために新しいリスクを作り出す」のに対して、
投機が「資本主義経済では避けがたいリスクを肩代わりするものである」点が指摘されている。

投機は人々の自由に対する欲求を表現している
投機の精神は、権威の否定、宗教の否定、上下関係の否定である。
自由を求め、もったいぶった通説を嫌い、制限を嫌悪する。
投機は経済活動の中でもとくに通俗的で大衆的なものとして登場してくる。
かといって、投機を貪欲だけのものだと切り捨てることはできない。
投機の本質は、自由と平等のユートピアを切望する叫びである。
現代の経済制度を支える物質主義が冷たく、面白みに欠ける点、
そして富の不平等をもたらさざるを得ない点を補う役割を果たしている。

日本人に訪れた投機ブームについての考察
日本人は一般的に賭博を嫌う傾向があり、
賭博は堅気の人間が手を出すものではないとされてきた。
しかし、二つの国民性から、株式市場の魅力にひかれやすくなってもいる。
第一に仕事であれ遊びであれ、何らかの活動に携わるとき、群れで動く傾向がある。
この性格は稲作を中心とする農業で共同作業が重要なため、
集団帰属意識が強いからだと言われている。
戦争中には「一億総火の玉」が合言葉になっている。第
二に日本人の心理は特に変動しやすく、陶酔から絶望に、
その逆に、突然振れることが多い。このような国民性を証券会社は巧みに利用した。


彼が伝える言葉というのは非常に理にかなっていて面白い。
確かに直接取引の指南となる言葉は出てこないが
こういった内容を知識として蓄える事で
画面の裏側に居る人間の心理に一歩近づく事が出来るだろう。

 
参考になったら、是非応援クリックを!



このページ、明日にも閉鎖されるかもしれません。
http://dreamgatebinary.com/
ついに登場!近未来のBO投資!成功者続出中でいつまで公開出来るか不明です。
このリンクをクリックした先でお話しする内容は、絶対に他言しないようにしてください!


簡単に儲かるなんて、まだ信じているんですか?
http://growth-systems.com/yuka/binary/
カリスマ主婦トレーダー山本有花がバイナリーオプションのロジックを制作
努力出来る人以外は来ないでください。きっとアナタでは達成できないでしょう。


1年で10万円を6526万円に増やした次世代の投資手法
http://binary-core.com/
まだ誰も知らないバイナリーオプションの必勝自動ツールだからこそ可能!
圧倒的勝率を生み出す次世代投資手法、その方法を限定300人のみに公開!




<格言から学ぶBO取引の心得の人気エントリー>

2012-05-08 トラックバック:(1) コメント:(0)

このエントリーをはてなブックマークに追加











管理者にだけ公開する

トラックバック URL
http://binarykakugen.blog.fc2.com/tb.php/40-6a8fc6ac

まとめtyaiました【エドワード・チャンセラーの名言】

 読む前にクリックしてくださると嬉しいです。【エドワード・チャンセラー】アメリカの投資歴史家でフリーのジャーナリストだ、投資バブル史について纏めた著書”バブルの歴史 チ

2012-05-09 まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。